オーディオケーブル、スピーカーケーブルならけーぶる舎。[ DH Labs ] T-14 hi-resoのご紹介。
ログイン 新規登録
  
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
RCAインターコネクトケーブル 1
RCAインターコネクトケーブル 2
XLRバランス型インターコネクトケーブル
スピーカーケーブル:切売
スピーカーケーブル:完成品
デジタルケーブル
DH Labs REVELATIONシリーズ
DH Labs Pro Studioシリーズ
オーディオ電源ケーブル
特殊ケーブル&アイテム
けーぶる舎推奨のオーディオ機器
特価コーナー
    03-3924-4905

    メールはこちら
 

[ DH Labs ] T-14 hi-reso

商品名 : [ DH Labs ] T-14 hi-reso

メーカー希望価格 : 4,860

価格 : 4,370円(税込)

※この商品にはプラグは付属しておりません

数量 :

 お買上総額\10,000以上で送料無料となります。



T-14 (T-14 High Resolution Speaker Cable)」はDH Labs社のミドルクラススピーカーケーブルですが、クォリティー追求のため最高級の素材が投入されています。 


高純度OFC導体には、純銀が一般製品の二倍の厚い層にコーティングされています。音楽信号の流路は導体表面であるため、T-14の導体による伝導はほぼ純銀導体のそれに近い状態となるのです。


誘電体にはデュポン社の最高グレードPTFE等が用いられ、さらに導体はアウタージャケット内部の制震材と張りつめられたマイラーによってレゾナンスをミル・レベルのスペックまで抑え込み、解像度を低めてしまう共鳴やマイクロフォン効果等を完全に締め出します。 


それらの成果は明白に高品質となって表れ、キャパシタンスは1フィートあたり21.5 pico-faradまで低下し、インダクタンスも同様にきわめて低く、多種のスピーカーシステムから一貫した高性能を引き出します。(3m以上のT-14ケーブルでも、多くのアンプのアウトプットステージより低い値のインダクタンスとなっています) 


こうしたアキュレートさと信頼性のゆえ、アメリカの多くのレコーディングスタジオ、マスタリングスタジオで使用されるに至りました。


さて、こうして「T-14 hi-reso」の成り立ちを見てくると、このスピーカーケーブルが「明瞭さ」一辺倒の、聴き疲れするような製品(実際そのタイプのケーブルも世には存在しているようです)と思われるかも知れませんが、事実は予想に反します。 


確かにディテールに至るまで精緻な再現力を持つハイファイケーブルではありますが、人の声は温かさ、柔らかさ、肉声感に富み、左右に広がる音場は前後にも奥深く、たいへん彫の深い音調を聴かせます。とりわけ独奏ヴァイオリンのヴィブラートやギターのディストーションなど、官能的で眩暈を覚えることすらあります。また深く量感のある低音再生力も特筆もので、ともすれば極端なまでのワイドレンジを誇示するハイエンドケーブルよりも充実した低音再生が確認出来ます。 


T-14」は際立って豊かな音楽性を感じさせるスピーカーケーブルですが、同時にシアターシステムにおいてもリアルな人の声(台詞)を聴かせ、臨場感溢れる再生音を楽しむことが出来ます。


(「Home Technology eMagazine」Recommend、6 Moons AudioRecommend、「SoundStage!Recommend、「Bound For SoundRecommend、「SPEAKER BUILDERRecommend、「Audio ObservatoryRecommend

 

7.4mm Diameter、14AWG Silver-coated High quality OFC conductorsMil-spec Tefron insulation

 

表示価格は1mあたりの価格です。お申込みの際は、[個数]の欄に「4」等のように総ケーブル長を(その際「数量変更ボタン」をお忘れなく!)、[補足事項]の欄に「2m+2m」等と内訳をご記入ください。

 

※写真は純正ロックバナナによる端末処理の一例です。スピーカーケーブル(切売)とバナナプラグ又はスペードコネクター(「特殊ケーブル&アイテム」カテゴリー)を同時購入されますと、技術料無料で端末処理をさせて頂きます。お気軽にご依頼下さい。

※「T-14」を2組使用するバイワイヤ仕様(完成品)は技術料加算が発生いたしますため「スピーカーケーブル完成品」のカテゴリーをご参照下さい。



<ご参考>

 

T-14は2束の14AWGOFC導体を投入しており、


厚く銀コートされている。


この銀コートは殆どの製品のものより二倍厚くされているという。


導体はきつく押し出されたテフロンで遮蔽され、


そしてポリマー・ロープ・スペーサーと共に、


低いインダクタンス螺旋で撚られている。


さらにその形状を維持するためマイラー膜できつく包まれ、


アウタージャケットのPVCによってT-14は仕上げられている。


Daren Hovsepianは、導体が時間とともに酸化しないほどきつく封じたと言っている。


こうして、T-14はスピーカーと電子機器の内部に理想的に連結されるのだ。

 


音楽がかかり始めたとき、


T-14によってもたらされた音の変化に、心地よい驚きを禁じ得なかった。


音楽はより開放的で、透明だった。


高域は、より広げられるが、より滑らかに聴こえた。


低域は私の前のケーブル同様に深かった。


けれど、それはより引き締められ、充分にコントロールされていた。


サウンドステージ幅も前のケーブルとほぼ同様だったが、


深さとレイヤリングはより大きかった。


また、小音量時の分解能はより優れていた。


ケーブルの全体的な音は、


高域から低域まで全くフラットに保たれており、


僅かの有害な人為性もT-14の音に加えられているのを見いだせなかった。


 

2、3時間の慣らしの後、


ケーブルはある程度パフォーマンスの大部分の領域において向上した。


しかし、およそ48時間T-14を使ったあと、さらに劇的な改善が見られた。


 

あなたのシステムでT-14よりよく聞こえそうなハイエンドケーブルが、


市場にあるだろうか?


もしそうなら大金を払う用意をするべきだろう。


それでは、T-14の価格帯にそうするに値する製品があるだろうか?


それは疑わしいことだ。


 

「黄金の響き」より抜粋(「Atlanta Audio Society」)



Copyright © オーディオケーブル・スピーカーケーブルのけーぶる舎 All Rights Reserved.     03-3924-4905
商号名 : けーぶる舎   代表 : 大蔵俊郎
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都練馬区大泉学園町 オーディオに関することなら何でもお問合せください。